就職 決まらない人 特徴

就職が決まらない人の特徴とは?

就職難・就職氷河期とも呼ばれる現代において、すんなり就職が決まる人のほうが少ないのかもしれません。何社も何社も面接を受けているのに、いっこうに受かる気配がない…など、なかなか就職が決まらなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

実は、「就職が決まらない人」には特徴があることをご存じでしょうか。多少の違いはあるものの、就職が決まらない人にはみな同じ特徴があります。

 

今回は、その「特徴」についてお話ししたいと思います。
就職が決まらない人の特徴はいくつかあります。

 

その中でもっとも多いのが「自信や余裕がない」ということです。
確かに何社も落ちていると、自信も余裕もなくなっていくと思います。

 

しかし、その「自信のなさ・余裕のなさ」は無意識のうちに表情に出るものなのです。
面接官は、何人もの就活生を見ています。些細な表情の変化を見逃すはずがありません。

 

自信のない人より、自信に満ち溢れている人を採用するのは、半ば当然のことではないでしょうか。
そして次に、「準備不足」の点が挙げられます。

 

面接の質問に対する答えをしっかり考えていない、質問の意図を理解していない、
自分の考えの「軸」がぶれている、などです。これらはすべて、事前準備が大切なのです。

 

このようなことが、就職が決まらない人には共通して見られます。
自分で自覚することで改善できれば良いですが、必ずしも改善できるとは限りません。

 

就職が決まらないうちに卒業してしまったという人もいるでしょう。
そんなときは、「就職支援サービス」を利用してみましょう。

 

おすすめはジェイックハタラクティブです。

 

フリーターや既卒者の就職を専門に力を入れており、無料で内定までサポートしてくれます。
就職が決まらないと不安になっている人にはおすすめのサービスですよ。

 

ジェイックの公式サイトはこちら

ハタラクティブの公式サイトはこちら