就職 決まらない 不安

就職が決まらなくて不安

大学3〜4年生になると、ほとんどすべての人が就職活動を始めます。最近では「就活」は4年生から行うところが多いそうです。

 

エントリーシートがどんなにうまく書けても、それはあくまでも「通過点」でしかありません。なぜなら、就職が決まるかどうかは「面接」で決まるからです。

 

就職がなかなか決まらなくて、不安になっている人もいるのではないでしょうか。特に、回りの友人たちがみな内定をもらっているとしたら…誰だって焦りが出てくると思います。

 

そしてその「焦り」が面接時にも現れてしまい、
まさに負のスパイラルへと突入してしまうのです。

 

  • 自分だけ就職が決まらない。
  • 自分の何がダメなのか分からない。
  • このまま就職が決まらなかったらどうしよう。

 

就活をしていると、このような感情はごく一部の人を除いて、誰でも一度は経験することです。

 

自分のどこが悪いのか分からないまま何社も何社も落ちていると、
まるで「自分そのものを否定されている」ような気分になってきませんか?

 

就職が決まらなくてうつ病になったり、自殺者がいるのは紛れもない事実なのです。

 

就職が決まるかどうかは、「運」も重要なのだと思います。
何事もタイミングが大事というように、就職もタイミングが大事なのです。

 

もし就職が決まらないまま卒業してしまったら、いっそのこと開き直りましょう。
そして、ジェイックハタラクティブという就職支援サービスを利用してみてください。

 

どちらも、フリーターや既卒者の就職をサポートする専門の就職支援サービスです。
専門の機関を利用することで、新たな自分を発見したり、就職に対する考えも変わってくるかもしれません。

 

無料で内定までサポートしてくれるサービスですから、
就職先が決まらなくて不安になっている既卒フリーターやニートの方にはおすすめのサービスですよ。

 

ジェイックの公式サイトはこちら

ハタラクティブの公式サイトはこちら