就職 決まらない ニート

就職が決まらなくてニートになってしまったら

「ニート」は、いわゆる「無職」の状態を言います。「学生」や「主婦」などの肩書きのない人のことです。

 

最近ニートの若者が増えているそうですが、ニートになる理由は様々です。

 

  • 追い求めている夢がある
  • やりたいことが見つからない
  • そもそも就職したくない
  • 就活していたが就職先が決まらなかった

 

などでしょうか。

 

現在は就職難も影響してか、「就職が決まらなくてニートになってしまった」
という人が増えているのだそうです。

 

また、ニートでいる期間が長ければ長いほど、その後の就職は不利になっていくでしょう。

 

「ニートを満喫する」のも1つの生き方ではありますが、
その後就職したいという気持ちがあるのなら、なるべく早く行動に移したほうが良いと思います。

 

まずは、「どんな仕事がしたいのか」自分が夢中になれるものは何なのか見つけましょう。

 

就職がなかなか決まらなくて焦ってくると、「どこでもいいから就職」と
片っ端から応募する人も出てきます。

 

これでは応募した理由が曖昧になり、説得力のない回答になりますね。
「どこでもいい」という人は、「どこにも採用されない」ことが多いのです。

 

ですから、まずは「やりたいこと」をはっきりさせるのが先決です。
それが決まったらいよいよ本格的な就活の開始ですよ。

 

しかし、ニートであるということは、「社会から離れてしまっている」ということでもあります。
そんな状態でいきなり面接に行ってもうまくいく可能性は低いでしょう。

 

そこでおすすめなのが、就職支援サービスを利用することです。
ジェイックハタラクティブはフリーターやニートの若者の就職を専門とする、無料の就職支援サービスです。

 

今まで社会から離れてしまっていたニートでも、就職できるようにしっかりとサポートしてくれますよ。

 

ジェイックの公式サイトはこちら

ハタラクティブの公式サイトはこちら