就職 決まる人 決まらない人

就職が決まる人と決まらない人の違いとは?

学生時代に「就活」をしていた人は多いと思います。そのとき、あなたはすぐに就職が決まりましたか?それともなかなか決まりませんでしたか?

 

実は、就職が「決まる人」と「決まらない人」には明らかな違いがあります。
今回は、その違いについてお話ししていきたいと思います。

 

就職が決まる人

就職がわりとすんなり決まる人は、自分に自信を持っていて、なおかつ気持ちに余裕のある人です。
このような「自信」や「余裕」は、無意識のうちに面接に現れるものなのです。

 

企業側も、自信のない人より自信に溢れている人を採用したいと思うものです。

 

そして他人とは違う「何か」を持っている人です。特別な能力や才能でなくても良いので、
何か1つのことをやり遂げた経験のある人は採用されやすいのです。

 

それから「自分のやりたいこと」がはっきりしていることも重要です。
会社に合わせるのではなく、自分の意思をしっかりと持って面接に臨んでいるようです。

 

もちろん受け答えがしっかりしている、答えを予め用意しているというのも挙げられます。

 

就職が決まらない人

就職が決まらない人は、先ほど紹介した「就職が決まる人」と
逆だと思ってもらえれば良いと思います。

 

なんとなく自信と余裕のなさが滲み出ている、
就職先はどこでもいいと思っているので軸がぶれている、なんてことはないですか?

 

面接時に聞かれることは、たいていどこの企業も同じです。
しっかりと面接の準備をしてから臨んでいますか?

 

このように、「些細なこと」と思うかもしれませんが、面接官はしっかりと見ています。
その些細なことが面接の明暗を分けると考えられます。

 

もし就職が決まらなくて悩んでいるのなら、
ジェイックハタラクティブという就職支援サービスを利用してみましょう。

 

どちらも20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援サービスで、
無料で内定までサポートしてもらえますよ!

 

ジェイックの公式サイトはこちら

ハタラクティブの公式サイトはこちら